株式会社拓建
10:00~18:00
水・木曜日
2017年10月10日
日々ブログ

腹式呼吸がポイント?深呼吸で作る「疲れにくい身体」

無意識の"呼吸"で取り込まれる酸素量が少ないと、筋肉のコリ感が解消されず、疲れやすくなるほか、頭も働かなくなってしまうそう。酸素が足りない可能性のある人は、まず呼吸を深く行うようにエクササイズをすると良いといいます。

しっかり深呼吸で作る「疲れにくい身体」

息は鼻から吸い、口から吐くようにして、横隔膜が刺激されるように腹式呼吸を行うのが効果的とのこと。ゆっくりと息を吐くように心がけることで、副交感神経が優位に機能し、自律神経のバランスが保たれるそうです。自律神経のバランスが整うと、体の筋肉がほぐれ、日頃の生活でも体が楽になるのだとか。

1分間の○○呼吸でオフィスの疲れを取る!

オフィスなどで疲れた時には、1分間の呼吸法を取り入れることでリフレッシュ出来るとも。上半身の力を抜いて背筋を伸ばし、お腹を引っ込めながら息を吐ききり、お腹をふくらませながら素早く息を吸うという動作を1分間繰り返すと良いそうです。

株式会社拓建

お店:上尾市上町1-2-26

連絡先:048-773-6171

https://taku-ken.com

arrow_upward