株式会社拓建
10:00~18:00
水・木曜日
2017年07月23日
日々ブログ

小学生男子の夏といえば

小学生の男子の心をつかんで離さない カブトムシ

今日から夏休みで浮かれているうちの小4男子もカブトムシをゲットするべく活動中。

きのう近くの公園の木にカブトムシゼリーを仕込んで、カブトが集まるようにしてきたそう(笑)

 

カブトムシ捕まえ方のコツ

①カブトムシは基本的に夜行性なので、日が暮れるころからが、彼らの活動タイム。夜が明けると、土に潜ったりして隠れてしまいます。なので、実際に探すとなると夜は17~22時、朝だと4~7時といったところでしょう。

②樹液を見つけたら、その周辺はカブトムシの最大の採集ポイント。樹液が染み出ている部分、そのまわりをじっくりと探してみること。そのときに見つからなくても、何度かチェックするといいでしょう。

③幹だけでなく、木の枝先も注意深くチェックしてみましょう。時には、手の届かないところにカブトムシがいることもあります。そういう場合は虫とり網でつかまえます。
④木の根のまわりも隠れたポイント。日中、カブトムシが潜って隠れている場合もあるので、土の色が変わっていたり、変に土が盛り上がっていたら、スコップなどで掘ってみてもいいですね。ただし、あまり勢いよく掘ると、カブトムシを傷つけてしまうので、ていねいに作業するように。

arrow_upward