株式会社拓建
10:00~18:00
水・木曜日
2017年03月13日
日々ブログ

侍Jが延長でオランダを制す

WBCの2次ラウンドプールEのオランダ対日本が12日、東京ドームで行われ、日本が8-6でオランダとの延長タイブレークにもつれこむ死闘を制した。

1点リードで迎えた9回に起用した則本(楽天)が同点に追いつかれて試合は延長戦へ。

大会特別規定により延長11回から無死一、二塁から始まるタイブレークに突入。日本はバントで二、三塁に進めてから、中田翔(日ハム)がレフト前へ2点タイムリー。

これが決勝点となり、2次ラウンド最大の山場を乗り越えた。


undefined
arrow_upward